下らざるをえない坂

2020年5月27日(水)‐31日(日) 浅草九劇

坂のふもとにも、愛する妻がいた――

都内で細々と作家業をして暮らす男・古川広と妻・紀子の関係は冷めきっていた。ある夜、悪夢にうなされ目を覚ました広は、気を紛らわせるため夜の散歩に出かける。家からエスカレーターのように伸びる長い坂を下った広は、そのふもとにぽつんと佇むカーブミラーの下で、若い裸足の女に出会う。切れかけた街灯で途切れ途切れに照らされる女の笑顔は、若い頃の紀子に瓜二つだった――― ピンク・リバティ新作公演は、一本の長い坂を背景に描かれる、同一人物との奇妙な二重生活に溺れていく愚かな男の、空しいラブストーリー。

ピンク・リバティとは

山西竜矢が脚本・演出をつとめる演劇ユニット。

人間が元来抱える行き場のない寂しさを、ユーモアを交えながら多面的に描き、空しくも美しい情景として昇華する劇作はどの作品にも通底している。

生々しい日常の風景を出発点に、現実と非現実が静かに混ざり合っていくストーリーテリングが特徴的である。

2016年3月、劇団子供鉅人の番外企画として旗揚げ。翌年6月には、さびれた地方都市を舞台とした群像劇「人魚の足」を上演し、旗揚げ一年半で動員700人を突破。

第四回公演「夕焼かれる」からは単独の演劇ユニットとして独立した。本公演以外にも多数のイベント出演など、活動の場を広げている。

ピンク・リバティwebページ

CASTキャスト紹介

INFORMATION公演情報

日時

2020527日(水)‐31日(日)

  • 27日 (水) 19:30
  • 28日 (木) 14:00 / 19:30
  • 29日 (金) 19:30
  • 30日 (土) 14:00 / 19:00
  • 31日 (日) 13:00 / 17:00
  • 印の回は終演後にアフタートークを予定しています。
  • アフタートークのゲスト・その他詳細については公式WEBで随時発表いたします。
  • 受付開始は開演の40分前/開場は開演の30分前

場所

浅草九劇

東京都台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部 2階

Tel:03-5759-8009

  • 東京メトロ銀座線 浅草駅 1番出口より徒歩10分
  • 都営浅草線 浅草駅 A4番出口より徒歩10分
  • つくばエクスプレス 浅草駅 A1番出口より徒歩5分

TICKETチケット予約

全席自由席

一般前売4000円 / 当日4200円

※未就学児入場不可

2020年3月14日(土) 10:00 チケット発売

予約フォームはこちら

※お申込み後、ご確認メールを送信させていただきます。
必ずcorich.jpからのメールの受取許可設定をお願い致します。

STAFFスタッフ紹介

  • 舞台監督
    杉山小夜
  • 音響
    谷井貞仁(ステージオフィス)
  • 照明
    治はじめ
  • 衣装
    山西竜矢
  • 演出助手
    坂本奈央 望月香菜子(劇団襟マキトカゲ)
  • WEB
    広垣友里絵
  • 宣伝美術
    山西竜矢
  • 撮影
    佐藤祐紀
  • 宣伝映像
    稲川悟史 山西竜矢
  • 稽古代役
    鹿内和郎
  • 稽古場写真・スチール撮影
    中島花子
  • 制作
    田中亜実
  • 協力
    レプロエンタテインメント キューブ サンミュージックプロダクション Jungle JFCT オフィスMORIMOTO  BLUE LABEL ミシェルエンターテイメント 劇団子供鉅人 青年団 柿喰う客 劇団かもめんたる  劇団女体盛り 終のすみか 劇団襟マキトカゲ ポロロッカ 地道元春 キキ花香 河村真由美
  • 主催

お問い合わせ/ピンク・リバティ[制作]kodomo.pinkliberty@gmail.com